糖尿病とはどんなものどのような症状

糖尿病という病気を聞いた事がある方はほとんどだと思います。

そしてどんな病気なのかご存知の方も多いかと思います。

今の時代糖尿病にかかる予備軍の方は4人に1人いるそうです。

4人に1人はとても多いですよね。

そして糖尿病にかかると食べ物や運動によって治療したり薬を使用して治療していくことになります。

あまり難しくなくガン治療などに比べたら辛くない治療かもしれないですが、治療していくのはとても大変な事だと思います。

特に食べる事が好きな方にとっては食べ物療法はとても辛いものになると思います。

食べることを控えなくてはいけないものが出てきたり、食べたくても我慢しなくてはいけなくなってしまいます。

食べたいものを食べたい時に好きなだけ食べるのは幸せですよね。

そのような事が出来なくなってしまうのはとても悲しいですよね。

しかし糖尿病の症状が出てしまったらそのままの食生活を続けていては悪化したり、合併症を引き起こしてしまう可能性が出てきます。

そうなる前に症状が出ないように知識をつけておくと良いかもしれませんね。

あなたは糖尿病という病気のことを詳しく知っていますか?

どのようなものか簡単な内容なら知っている方は多くいると思いますが、自分がなったり身近な人が実際にならないと詳しい症状など分からないことばかりだと思います。

事前にどのようなものなのか調べる方はまずいないのではないかと思います。

中でも大きく分けて2つのタイプがあり症状も異なります。

それは1型と2型に分かれます。

まず1型とはインスリンはすい臓で作られるのですが、そのインスリンがほとんど作られなかったり、全く作られないようになってしまうことです。

そのため注射しなくてはいけなくなります。

この1型は糖尿病患者のうち10人に1人もいないそうです。

そして2型は1型とは違いインスリンは作られるのですが量が不十分のことだそうです。

糖尿病のことについてまとめてあるサイトがこちらです。

糖尿病の症状丸分かりサイト

食事や運動などの治療だけでも良い人もいます。

中には薬や注射などでも治療していきます。

糖尿病のほとんどの方が2型だそうです。

出来るだけ薬や注射などを使わず治療出来ると良いですよね。